2012年10月19日金曜日

対象のフレームワークを変更したら環境設定が読めなくなった

VB.NET(VS2010)で作成していたプロジェクトですが、そろそろ完成という段になり、対象のフレームワークを2.0にしてくれと言われました。4で作ってたのに……。
まぁ別に .NET Framework 4 特有のクラスとか使ってないはずなのでいいか、と、2.0に変更してコンパイルは通ったのですが、実行してみたら環境設定(My.Settings)を参照するところでエラーになってます。だめじゃん。

対象のフレームワークの変更手順は次のとおり。
1.プロジェクトのプロパティの「コンパイル」タブの[詳細コンパイルオプション]ボタンをクリック
2.「対象のフレームワーク」を「.NET Framework 4 Client Profile」から「.NET Framework 2.0」に変更
3.[OK]すると、
---------------------------
ターゲット フレームワークの変更
---------------------------
ターゲット フレームワークを変更するには、現在のプロジェクトを閉じてからもう一度開く必要があります。
プロジェクト内の保存していない変更は自動的に保存されます。
ターゲット フレームワークを変更すると、ビルドのためにプロジェクト ファイルを手動で変更する必要が生じることがあります。
このプロジェクトのターゲット フレームワークを変更しますか?
---------------------------
はい(Y)   いいえ(N)   ヘルプ
---------------------------
と言われるけど他にどうしようもないので[はい]をクリック
4.ビルド

ビルドではエラーが出ないんですけどね……。
とりあえずいつものようにググるw
まずは参照設定も確認が必要とのことなので、プロジェクトのプロパティの「参照」タブを確認。
いくつかの参照で、
<システムでは、指定された参照が見つかりません。>
と表示されています。これを削除。これは Framework 4 にはあったけど 2.0 には対応するものがないもののようです。これがないとビルドも通らないようだと、2.0 にはできないことになるのかな? 他のクラスに置き換えるとか必要になるんでしょう。今回はOKだったので、削除だけしときます。

ここで一応再ビルドして実行してみるけど、やっぱり環境設定読むとこでエラー。

さらにググると、configの記法が2.0と4では違うのだみたいなことも書いてありましたが、最終的には関係なかったみたいなので割愛w
しかし環境設定のファイル(config)が読めないのはたしかなので、そのへんがあやしいとは思います。で、app.config を調べます。
なんか頭の方に、Framework 4 であることを示すらしいところがあるので、これかな?


    <configSections>
        <sectionGroup name="userSettings" type="System.Configuration.UserSettingsGroup, System, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089">
            <section name="Hogehoge.My.MySettings" type="System.Configuration.ClientSettingsSection, System, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089" allowExeDefinition="MachineToLocalUser" requirePermission="false"/>
        </sectionGroup>
    </configSections>

試しに、新規のVBプロジェクトを作成し、ひとつ環境設定を定義して、内容をフォームに表示するだけのものを、最初から対象のフレームワークを2.0にしてビルドしてみます。そして app.config を見てみると、

    <configSections>
        <sectionGroup name="userSettings" type="System.Configuration.UserSettingsGroup, System, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089" >
            <section name="WindowsApplication1.My.MySettings" type="System.Configuration.ClientSettingsSection, System, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089" allowExeDefinition="MachineToLocalUser" requirePermission="false" />
        </sectionGroup>
    </configSections>

2.0であるっぽい記述になってます。ので、エラーになってたプロジェクトの 4.0.0.0 を 2.0.0.0 に変更してビルドして実行したら、エラーが出なくなりました。わーい。
しかしこの程度の変更ですむのなら、最初から自動的に変更してくれてもいいんジャマイカ。
ちなみに、同じく app.config の末尾の方には、

<startup><supportedRuntime version="v4.0" sku=".NETFramework,Version=v4.0,Profile=Client"/></startup>

というのがあったのですが(使用するランタイムのバージョンを定義しているっぽい)、ここは勝手に

<startup><supportedRuntime version="v2.0.50727"/></startup>

こうなっていたのですよ。なんでついでにさっきのところも変えといてくれないのかw


0 件のコメント: